社労士

社会保険労務士の年収、合格後の収入は上がるのか

こんにちは、ひのです。

社労士試験は、毎年の合格率が1桁台の難関国家資格です。

苦労してとるからには、取得後に今よりも収入が上がるのかどうかというのが気になるところです。

この記事では、そういった社労士試験合格後の収入に関する事項を解説したいと思います。

社労士の平均年収は?

令和元年賃金構造基本統計調査によると、社会保険労務士の平均年収は504万円。一般的な給与所得者は408万円(転職サイトdoda調べ)なので、社会保険労務士は平均よりも若干高いと言えます。

とは言え、社労士には「勤務型」と「開業型」の2種類の働き方がありますので、これらを分けて考えないとなかなか実態は見えてきません。

勤務社労士の平均年収は?

勤務型の社労士の平均年収は大体550万前後と言われています。

また、勤務型社労士にも、一般企業に勤務する場合と、社労士事務所に勤務する場合があります。

一般企業勤務型社労士

勤務型の社労士は、資格手当などのがつく場合などがありそれによって年収アップにつながることもありますが、基本的には一般のサラリーマンと変わりません

資格手当などがない会社の方が多いことでしょう。

また、求人などを見ると、社労士を募集しているという求人はほとんどなく、あくまで勤務している方が社労士の資格を取得するというケースが多いようです。

「社労士優遇」などの求人が出ているケースもたまにありますが、こう言ったケースは実務経験豊富な方を募集している場合が多く、なかなかハードルは高いのが現状です。

社労士事務所勤務型社労士

社労士には、社労士事務所に勤務するという方法も考えられます。

その多くが欠員補充といったものが多く、求人自体はそんなに多くありません。

また、給与も決して高いとは言えないので、独立前に経験を積むために数年間事務所勤務するという方が多いように見受けられます。

私も社労士事務所への就職活動を経験していますので、その時の記事を載せておきます。 

社労士試験合格後に転職しようとして社労士事務所を訪問した話 こんにちは、ひのです。 今日は、私が社労士試験の合格が判明してから、社労士として転職をしようと思ってウキウキで社労士事務所の採用...

勤務型社労士まとめ

勤務型社労士の年収は、現実として一般的なサラリーマンとあまり変わらないという結果でした。

また、社労士事務所勤務は開業前の修業的な意味合いが強く、給与もそこまで見込めません。

「勤務型」のメリットは安定性です。

特に企業に勤める場合は毎月安定した収入を得られることは大きな安心材料です。

開業型勤務社労士の平均年収は?

開業型勤務社労士とは自ら事務所を構える社会保険労務士のことです。実は社労士連合会に登録している社労士のうち、社会保険労務士の約3分の2が開業型なのです。

開業型勤務社労士の平均年収はその方の実力次第です。

極端な話、0円ということもあり得ますし、1000万円超えも十分狙えます

現に1000万円超えている人もいます。

開業する場合、当然ですが自ら顧客を獲得しなければなりません。

社労士としての実力はもちろんのこと、営業力が重要になってきます。そのため、一度社労士事務所で経験を積んでから開業されるという方が多いのですね。

開業型社労士が軌道に乗るには

開業型社会保険労務士の報酬は、単発の報酬と、顧問契約の報酬の2種類があります。

手続き関係などは単発的に特定の時期に必要とされることが多いため、1回限りの業務として依頼されることが多いです。

しかし、労務相談などは、突発的に業務が発生がするため、継続的な顧問契約を行う必要性があります。

この顧問契約が継続的な収入につながり、年収の増加に直結するのです。

顧問契約の報酬額は50人以下の事業所相手だと数万円程度、200人以下くらいになると十数万〜数十万円が相場なります。

中規模の事業所と顧問契約が取れればそれだけで事務所収益の大きな安定につながりますよね。いかにこの顧問契約が取れるかというのが事務所を軌道に乗らせるための重要なこととなります。

まとめ

この記事では社労士の年収について見てきました。

勤務型社労士は一般企業の平均年収と大差がないこと、開業型社労士になると努力次第で1000万円超えも夢ではないことなどがわかりました。

私の周りにも開業社労士の方、数名いらっしゃいますが、皆さん家族を十分養えるほどご活躍されていますので、うまく営業できれば社労士の需要は十分にあるのではないかと思っています。

日頃から人脈を広げる、営業を勉強してみるなど努力をしながら開業に向けて準備ができればいいですね。