社労士

フォーサイトとユーキャン社労士講座を比較!おすすめはどっち?

こんにちは。ひのです。

これまで、社労士の勉強をするといえば、通学が一般的でした。

しかも社労士試験は幅広い法律知識が問われ、最新の法改正、行政通達、時事問題も問われる上、各科目に足切りラインを超える必要があり、苦手科目を作らないことが必要です。

試験はマークシート形式で一見簡単そうに見えますが、「ひっかけ問題」が多く出題されたり、単に知識を覚えるだけでは太刀打ちできないため、合格率が非常に低くなっています。

通信講座のメリットは時間や場所にとらわれず、いつでもどこでも自分のペースで学習でき、またWeb講義もある通信講座であれば、何度も講義が視聴できることが魅力的です。

通学の方が一見質が高そうに見えますが、現在では通信講座の質は非常に高く、短時間で無駄なく学習ができるのも大きなメリットの一つです。

忙しいサラリーマンや主婦の方は、通信講座を上手く活用して勉強できれば社労士試験合格がグッと近づきます。

しかし、社労士の通信講座は運営会社によっては各社特徴や違いがあります。

個人のライフスタイルや経験によって良い通信講座は異なります。

この記事では「フォーサイト」と「ユーキャン」を紹介していきます。

自分に合った講座を見つけて、合格を目指しましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

↓受講生の合格率は驚異の29.4%↓

↑↑まずは無料の資料請求↑↑

この記事の信頼性

僕はひのと申します。

令和元年(2019年)に3度目の受験で社労士試験に合格しました。

2年半の社労士試験勉強(2度の通信講座受講経験)を通じて得た経験や反省を踏まえたレビューをさせていただきます。

僕自身はユーキャンで社労士試験を合格しましたが、簿記講座でフォーサイトを受講しているので、かなり突っ込んだ内容でレビューが出来ると思っています。

この記事は、フォーサイト社労士を受講して試験勉強をされた受験生から情報をいただき、作成しました。

フォーサイトとユーキャン社労士講座の合格率


まず、通信講座選びの1つの指標となる「合格率」について見ていきたいと思います。

ひの

合格率が高かったら、受講してみたいと思いませんか?

フォーサイトは合格率を公表し、かつ高い実績を誇っていることがわかります。

フォーサイトの合格率 29.4%

一方、ユーキャンは合格率をホームページなどで公表していません。

通信講座という特性上、合格者数を正確に把握するのが難しく、一般的には合格実績を公表していないことが多いです。

しかし、教育訓練給付金制度の対象となっているので、合格率はハローワークから検索することが可能です。

ユーキャンの合格率 11.6%

ちなみにですが、ユーキャンは過去10年で2,549名の合格実績があります。

単純計算すると1年で254人。

社労士に合格している合格者数は年間2,300人くらいなので、10人に1人がユーキャン受講者ということになります。

ひの

ちなみに、僕もユーキャンで合格した1人です。

10人に1人がユーキャンという数字は結構多い、と個人的には思っています。 

合格率全国平均合格率
フォーサイト29.4% 3.72倍
ユーキャン11.6%1.46倍

↓受講生の合格率は驚異の29.4%↓

フォーサイトとユーキャン社労士講座の受講料(費用)


次に、受講料についてみていきたいと思います。

コースは標準といわれているものを記載しております。

この表ではフォーサイトの方が価格は高いように見えますが、フォーサイトは他の通信講座と比較しても安価といわれています。

コース名価格
フォーサイトバリューセット18万円前後
フォーサイトバリューセット211万円前後
フォーサイトバリューセット312万円前後
ユーキャン社労士合格コース8万円前後

フォーサイトのバリューセットについて詳しくは、下のページで解説しています。

フォーサイト社労士通信講座のおすすめコース、バリューセットはコレ! こんにちは。ひのです。 社労士の通信講座は、様々な予備校が英知を結集してリリースしています。 今回はその中でも「フォーサイ...

なお、バリューセット3に付いてくるフォーサイトの「全額返金保証」についての要件は結構厳しく、ハードルは高くなくなります。

主な返金保証の条件についていくつか抜粋して紹介いたします。

ひの

「この教材を使い倒してやり切るんだ!」という方であれば、おすすめです。

フォーサイトの全額返金保証
  • e-ラーニングで提供している全ての確認テストにおいて100点を取得すること
  • 専用試験を受験し、条件を満たすこと(上位13%に入ること)
  • 本試験において基準点を満たすこと

ユーキャンは他の通信講座と比較してかなりリーズナブルな価格です。

フォーサイトの「バリューセット1」と比較をすると、若干高く見えますが、フォーサイトの「バリューセット1」は直前対策講座がありません。

ユーキャンも基本の通信講座以外にも「直前必修講座」については有料となりますので、さほど差異はなさそうです。

ひの

フォーサイトの「バリューセット3」は教育訓練給付制度の対象ではありませんので、ご注意ください。

フォーサイトとユーキャン社労士通信講座の講師を比較


次に、フォーサイトとユーキャンの社労士担当講師について比較してみたいと思います。

フォーサイト社労士講座の講師

加藤光大 講師

中央大学卒業

社会保険労務士試験合格後、社会保険事務所を開設。

座右の銘は「一生懸命」

二神大貴 講師

東京大学法学部卒業

座右の銘「冬は必ず春となる」

まず、受講生の感想ですが、特に二神講師は非常に分かりやすく、覚えにくい数字なども語呂合わせを講義動画の中で紹介してくれます。

講師ご自身は自覚がないかも知れませんが、冗談のようなことも講義で披露していただけます。

加藤講師はご自身でも開業されている大ベテランです。

インターネット上の評判では

加藤講師は少し分かりにくい、二神講師は分かりやすいという評判ですが、インタビューした受講生も少なからず同じ感想を持っていました。

しかしながら、継続して学習していくと両講師陣とも愛着が持てるようになってきました。

初学者が挫折しやすい年金科目においては二神講師が担当されていたり、科目ごとに講師が変わるのが特徴です。

ユーキャン社労士講座の講師

他の通信講座は専門の担当講師がいますが、ユーキャンは50名以上の社労士有資格者の講師が在籍しており、毎回授業の講師が違うのが特徴です。

ユーキャンには独自の「添削課題」があり、一人一人丁寧に回答をしてくれます。

添削課題ではコメント付きで親身になってサポートをしてくれます。

ひの

僕もユーキャンの添削指導のおかげで社労士試験を突破することができました。

↑↑まずは無料の資料請求↑↑

フォーサイトとユーキャン社労士講座の教材の評判と比較

フォーサイト、ユーキャン共にフルカラーテキストを使用し、Webでテキストを見ることが可能です。

しかし、大きな違いが1つあります。

フォーサイトは「メインの講義動画がある」のに対して、ユーキャンは「メインの講義動画」がなく、重要なポイントだけをおさえた「テキストスピードマスター動画」があるのみです。

ここではフォーサイトとユーキャン社労士講座の

・テキストの特徴

・サポート体制の特徴

・講義動画の特徴

について見ていきたいと思います。

フォーサイト社労士講座のテキストの特徴

フォーサイト社労士講座のテキストの特徴は以下の通りです。

・「合格ライン」を超えることを意識した学習設計

・重要ポイントだけに学習範囲を絞った設計

・豊富な図表やイラストを用いて、社労士試験で出題される、難解な条文理解に効果を発揮

・問題と解答問題が見開きになっているため、ページをめくらず学習可能

ユーキャン社労士講座のテキストの特徴

ユーキャンもメインテキストはフルカラーでイラストも多く使われており、サイズも「コンパクトサイズ」であり、大きさは縦が500mlのペットボトル程度の高さです。

Webでもテキストは見られますが「紙」のテキストに慣れている方にとっては小さいサイズのテキストはありがたいですよね。

ひの

また、出題頻度やポイントなど必要な要素をまとめたテキストのため、ノートを作成する必要はありません。

フォーサイト社労士講座のサポート体制

e-ラーニングシステムから回数制限はありますが、24時間いつでも質問することができます。

ひの

返信は数日でありますが、インタビューをした受講生が利用していたときは一晩ぐらいで返信が返ってきましたので、比較的早いと感じたようです。

ユーキャン社労士講座のサポート体制

ユーキャンでは何度も無料で質問可能です。

また、他社にはない「添削指導」もついており、手厚いフォローを受けつつ合格を目指すことが可能です。

CMなどで有名な「ユーキャンの添削指導」にあたります。

ひの

このような添削指導を実施しているのは多くの講師陣を抱えている、ユーキャンならではの強みとなります。

フォーサイト社労士講座の講義動画

フォーサイトの講義動画は1回最大15分で設計されています。

動画も1.5倍から2倍速で再生可能です。

フォーサイトではスマホを活用した勉強も非常にしやすいです。

確認テストがスマホで実施することが可能で、かつバリューセット3のみのサービスになりますが、過去問の一問一答演習が可能です。

ひの

一問一答演習については電車の中や、待ち時間でも利用することができて、直前期でも外出先で過去問演習が可能となるため、非常に評判が良いです。

ユーキャン社労士講座の講義動画

ユーキャンは「メインの講義動画」がなく、重要なポイントだけをおさえた「テキストスピードマスター動画」があります。

動画は1本あたり5分程度で設計されており、スキマ時間に学習が可能です。

ユーキャンでもスマホアプリを使って一問一答の学習が可能となりますが、

社労士講座とは別で「ユーキャン資格本アプリ」というアプリを購入する必要があります。

独自の「学びオンラインプラス」というe-ラーニングシステムで、「基本確認ドリル」といったWebテストを受講することも可能です。

フォーサイト・ユーキャン社労士講座の比較一覧


それぞれの社労士講座について比較表を作ってみました。

フォーサイトひのの判定ユーキャン
価格8~12万円8万円前後
テキストフルカラーテキストフルカラーテキスト
講師加藤 講師
二神 講師
50名の講師陣が持ち回り
合格実績29.4% 11.6%
e-ラーニング スマホ講義あり スマホ講義は要点のみ
サポート e-ラーニングシステムで質問可能 無制限で質問可能

↓受講生の合格率は驚異の29.4%↓

↑↑まずは無料の資料請求↑↑

まとめ

ユーキャンは従来2色刷のテキストでしたが、近年はフルカラーのテキストになり他社に劣らない高品質のテキストに変わりました。

元々初学者にわかりやすいと定評があり、

講義もポイントを抑えているため、忙しい人にもおすすめです。

インタビューしたフォーサイトの受講生は、決めたポイントは、

「フルカラーテキスト」

「価格が比較的安価」

「講義動画は絶対欲しい」

この3つだったそうです。

フォーサイトについても初学者向け、かつフルでメインの講義動画があるのでしっかりと理解を深めたい方にはおすすめです。

通信講座もご自身のライフスタイルや受験の経験値によって「合う・合わない」がありますので、自分にあったものを選び試験日までにしっかりと活用したいですね。

社労士試験は長丁場の試験対策が必要です。

一緒に頑張りましょう!