社労士

【合格体験記】2年半にわたる「社会保険労務士試験合格」までの軌跡(合格後編)

いよいよ合格体験記も最後です。

合格発表当日

合格発表日は官報を確認しました。オンラインで当日の官報をみることが出来ました。

https://kanpou.npb.go.jp/

官報をみると都道府県順に並んでいます。私の都道府県は下の方なのでずーっとスクロールして、だんだん近づけます。心臓が張り裂けそうです。

どんなに自己採点で大丈夫だと確信したとてそれはあくまで自己採点です。予備校の回答が間違えている可能性もありますし、マークシートミスで0点なんてこともありえるのです。

ついに自分の番号の近くまで。1人ずつ下の桁を確認していきます。

ありました。歓喜。涙。これから果たして私にはどんな人生が待ち受けているのだろうか。わくわく。この努力がどのように報われるのだろう。

そんな喜びでいっぱいで、自分の受験番号に赤の蛍光ペンを引いたりしながら一日中眺めてました。

合格させてくれたユーキャンには本当に感謝です。

【合格してみての感想】

合格したら急激に人生が変化していくかと思っていましたが、社労士登録するには実務経験が2年必要(事務指定講習でもよい)でしたので、実務経験のない私はあまり変わりませんでした。

ただ、職場に合格したことを伝えると早速社会保険事務を取り扱う総務課に異動させていただきました。これで高いお金を払って事務指定講習を受けなくても済みます。

今は、総務課で社会保険事務など社労士としての実務経験を十分に積ませてもらってます。2年経ったら登録申請してみようと思います。

【今後の展望】

せっかく社労士試験に合格したのでゆくゆくは独立してやりたいという思いはあります。

ただ、家族もいますので、もうすこしこの会社でスキルアップしてからでもいいかななんて思っています。

アドバイスがあればどうぞよろしくお願いします。