行政書士

【行政書士になるには】行政書士試験の難易度・合格率を解説!こんな人が合格します!

gyoseishosi-siken-kaisetu

行政書士試験ってどんな試験?行政書士試験について調べたら、どんな人が合格するのかが見えてきた!

行政書士を本気で目指すみなさん、また行政書士に興味を抱いているみなさん、こんにちは!

この記事の概要

・行政書士の試験ってどんな試験なのか。

・行政書士試験の難易度って、どれくらい難しいの。

・行政書士試験ってどんな人が合格しているのか。

・行政書士試験合格のコツ

みなさんはこんなふうに考えたことはありませんか?

自分が受験する試験は「どれくらい難しい試験」で、「どんな人が受け」て、「どんな人が受かっている」のか。

これらを知ったうえで勉強するのはとても大事なことです。

ひの

この記事では、みなさんが受験する行政書士試験について徹底解説していきます!

試験について解説していくと、どんなふうに勉強したら合格に近づけるのか、どんな人が合格しやすいのかも、自然と見えてきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

この記事の信頼性

僕はひのと言います。

3度の社労士試験受験、2年半の試験勉強を経て令和元年度社労士試験で合格しました。

長きにわたる士業の受験勉強を経験し、試験で抑えるべきツボと、必要な対策は理解しています。

自身の経験の良かったなと思うところと後悔したところなどを踏まえて解説させていただきます。

どういった試験なのかを見ながら行政書士試験の全容解明していきたいと思います。

行政書士部門の記事については、法律専門家監修済み。

行政書士試験の概要

最初に、行政書士試験がどんなものなのか解説します。

ひの

敵(行政書士試験)を倒すには、まず敵を知るべし!

行政書士試験 ~日程~

毎年11月の第2日曜日に実施されます。

試験時間は13時から16時まで(3時間)です。

ちなみに、受験手数料は7,000円です。

行政書士試験 ~申込方法~

7月末から8月末までの間に、郵送またはインターネットで申込をします。

行政書士試験 ~受験資格~

行政書士試験に、受験資格はありません!

ひの

つまり、誰でも受けることができるのです!

行政書士試験 ~出題科目・配点~

出題科目や配点は、下のようになります。

(アガルートアカデミーHPより)

行政書士試験 ~出題形式~

出題形式は、下の表を参考にして下さい。

出題形式説明配点
五肢択一方式5つある選択肢から正しいもの (あるいは間違っているもの)を選択72%
多肢選択方式20個ある選択肢から、4つの空欄に当てはまる語句をそれぞれ選択8%
記述式問いに対する回答を40字程度で記述する問題20%

行政書士試験 ~合格基準~

合格基準は、「法令科目」と「一般知識」それぞれで得点が6割以上=全体で6割以上の得点を取ることです。

ひの

絶対評価の試験ということになりますね。6割以上取れれば誰でも合格です。

行政書士試験 ~合格発表~

11月に実施される行政書士試験は、翌年の1月の末に合格発表があります。

行政書士試験の概況

行政書士試験は毎年行われていますが、例年どのくらいの人が受験して、どんな人が合格しているのでしょうか?

行政書士試験 ~受験者数の推移~

過去10年間の行政書士試験受験者の数の推移を表にしました。

年度申込者数受験者数
平成23年度83,543人66,297人
平成24年度75,817人59,948人
平成25年度70,896人55,436人
平成26年度62,172人48,869人
平成27年度56,965人44,366人
平成28年度53,456人41,053人
平成29年度52,214人 40,449人
平成30年度50,926人 39,105人
令和元年度52,386人 39,821人
令和2年度54,847人 41,681人
ひの

徐々にではありますが、受験者数が減っています

とはいえ、毎年4万人が受験する、資格試験であることに間違いはありません。

士業の中では「行政書士」と「社労士」の受験者が同じくらいで、大変規模の大きな試験となっています。

どんな人が受験して、どんな人が合格しているの?

行政書士試験には受験資格がないので、誰でも受けることができます。

ここでは、性別や年齢別でどんな人が受験しているのかについて、見ていきます。

【令和2年度受験者の構成】

 10代20代30代40代50代60代以上
男性受験者数(29,566人)1.2%16.1%21.3%25.2%23.1%13.2%
女性受験者数(12,115人)2.0%23.1%25.4%26.9%17.2%5.4%

【令和元年度受験者の構成】

 10代20代30代40代50代60代以上
男性受験者数(28,472人)1.3%15.2%21.3%26.3%22.5%13.4%
女性受験者数(11,349人)1.6%21.1%26.0%28.5%17.4%5.4%

【平成30年度受験者の構成】

 10代20代30代40代50代60代以上
男性受験者数(28,049人)1.3%15.4%22.5%26.5%22.0%12.3%
女性受験者数(11,056人)1.6%22.3%26.3%28.1%16.6%5.1%

こうしてみると、

・男性の方が倍以上の人数受験していること

・男女ともに30代、40代で受験している人が多いこと

がわかります。

ひの

「働きながら、または家で家事をしながら行政書士試験にチャレンジしている人が多い」ということがわかります。

行政書士試験の難易度

行政書士は、まぎれもなく「国家資格」です。なので、

「国家資格」なんだから、才能に恵まれた選ばれた人しか合格できない超難関資格なんじゃないの…?

こういう印象を持ってしまう人が多いように思います。

ですが、具体的な数字を見ていくと、そこまでビビってしまうようなことではないことがわかります。

ここでは、行政書士試験の難易度について、「具体的な数字」を根拠に解説していきます。

行政書士試験 ~合格率~

試験の難易度を語る上で、合格率は欠かせません。

こちらが、過去10年間の行政書士試験の合格率になります。

年度合格率
平成23年度10.7%
平成24年度11.5%
平成25年度12.7%
平成26年度15.7%
平成27年度10.0%
平成28年度13.1%
平成29年度8.3%
平成30年度10.1%
令和元年度9.2%
令和2年度8.1%

ひの

例年、合格率は「10%前後」であることがわかりますね!

こうしてみると、「10人に1人しか合格しないのか…」と不安になるかもしれません。

でも、行政書士試験は明確な‘’合格基準‘’がある‘’絶対評価‘’の試験なので、合格率や他の人のことは気にせず、自分と向き合ってちゃんと勉強すれば、必ず合格できます!

これまでの勉強の成果を試験で発揮出来るかが最大のポイントとなります。

他の士業資格と比べた行政書士試験の難易度

行政書士試験は、合格率約10%ということがわかりましたね。

一見かなり「むずかしい」ように見えますが、いったん他の国家試験を見て、行政書士試験の難易度の立ち位置を確認してみましょう。

ひの

僕が合格した社労士試験の合格率は、だいたい6%くらいです。

社労士試験・・・・約6%

司法書士試験・・・約4%

弁理士試験・・・・約7%

公認会計士・・・・約11%

税理士・・・・・・約12%

つまり、行政書士試験の合格率が10%前後であることは、いたって普通のことだということです。

士業の中で「特に難しい!」なんてことは、全くありません!

合格に必要な勉強時間は?

どれくらいむずかしいのかはわかったけど、具体的にどれくらい勉強したらいいのかがわからないと不安だよ…

受験生みたいに1日数時間も勉強しないといけないの…?

勉強方法や法学の勉強経験によって変わってきますが、行政書士試験の勉強時間についてはだいたい「700時間〜1000時間」と言われています。

勉強期間を1年間与えられたのなら、1日約2.5時間勉強すれば合格です。

ひの

これくらいなら、お仕事で忙しい人や家事で忙しい人、他の勉強が大変な人でも、スキマ時間などを活用すれば十分に合格を狙えますね!

行政書士試験って、どんなふうに対策・勉強したらいいの?

ここまでで、みなさんには行政書士試験という敵と、敵をとりまく環境について知ってもらいました。

ひの

ここからは、どうやったら敵を倒すことができるのかについて解説していきます!

行政書士試験の効果的な対策

行政書士試験のための対策としては、大きく分けて二つの勉強方法があります。

それは、

  • 独学で勉強する
  • 通信講座を活用し勉強する

です。どちらの方が効果的なのかについては、以下のページにまとめているので、コチラもご覧ください。

gyoseishosi-dokugakuka-tsusinka
行政書士試験勉強は、”独学”か”通信講座”か!?メリットとデメリットを比較して出た結論【コスパか効率か】 行政書士試験対策には「独学」と「通信講座」どっちがいいの?誰もが抱える悩みに結論を出します! 行政書士試験を本気で合格を目指すみ...
gyoseishosi-tushinkouza-rev
専門家が比較!“絶対に”おすすめしたい行政書士通信講座【2022年合格目標】 行政書士通信講座を徹底比較!個性的な各行政書士講座の特徴を徹底比較します ・行政書士通信講座はいろいろありすぎて混乱する ...

ここでは、独学と通信講座の両方に共通する、超重要なポイント、勉強方法を紹介します。

まずみなさんに絶対に覚えておいてほしいことは、

過去問を最大限に活用すること

です。

過去問は最後の確認や実力試しに使うだけでいいや

なんて思っていませんか?

それは大間違いです。

過去問というのは、

・試験本番でどのような問題が出るのか(傾向を把握)

・試験で大切だと考えられていることは何か

・合格に必要な知識

これら全てが詰まった、「最強の教科書」です!

過去問の大切さをわかっているかいないかで、合否が別れると言っても過言ではありません。

過去問をやったうえで各予備校が実施している模試も受験すれば本番環境に十分慣れることが出来るでしょう。

これだけはぜひ、覚えておいてください。

行政書士試験に合格するのはこんな人!

ここまで考えると、どんな人が行政書士試験に合格するのかが見えてきます。

「周りを気にせず目標にコツコツ着実に頑張れる人


こういう結論に達しました。

行政書士試験は努力が確実に報われる試験だと思います。

まとめ

行政書士試験について理解していただけたでしょうか。

この記事をきっかけに、行政書士試験合格への一歩を踏み出しちゃってください!

この記事がみなさんの目標への後押しとなる存在になれたのなら幸いです。