社労士

社労士の勉強の開始時期に遅いということはない。本当の始めどきとは。

社労士試験の勉強を始めようと思っている人
社労士試験の勉強を始めようと思っている人

社労士試験の勉強を始めたい!!

けど、試験まで半年切っている

試験の申し込みに間に合わなかった人
試験の申し込みに間に合わなかった人

社労士試験の申し込みをしようと思ったら申し込み期限が切れてた

この記事は、このような社労士試験までの期間が短すぎたり、長すぎる方の「いつ勉強を始めるか問題」について書きたいと思います。

結論からいうと、

とにかく今始めるべき!

です。

その理由について、以下詳細を書いていきたいと思います。

合わせて読みたい

【2021年合格目標】社労士おすすめ通信講座対象者別まとめ。社会保険労務士各講座の特徴を徹底比較!

社労士試験の試験が1年先だろうが、2ヶ月後だろうが今始めるべき理由

社労士試験は8月ですが、例え勉強を始めようと思った月が7月だろうが、9月だろうが絶対に

勉強をはじめたいと思ったその瞬間から始めるべき

です。

主な理由は次のことが挙げられます。

  • 勉強をはじめたいと思ったそのエネルギーをすぐに試験勉強に振り向けられるから
  • 勉強時間が確保できるから
  • 目標どおりいかないのが社労士試験だから

すぐに試験勉強にエネルギーを注げる

社労士試験の勉強を3ヶ月後から始めようと思っても、絶対にはじめられないですよね。

社労士試験を受けようと思った気持ちが一番強いのは、その瞬間です。

その瞬間から勉強を始めることで一番モチベーションが高い状態から試験勉強を始めることができます。

ひの
ひの

試験勉強で一番しんどいのは、一番最初です。

そのしんどい瞬間を高いモチベーションで乗り切ることができます。

というより、〇〇から勉強を始めようと考えている時点で、本当に社労士になりたいのかと考え直す必要がある気がします。

社労士になりたい人は今すぐにでも勉強を開始しています。

そんなライバルに負けないモチベーションを持って挑まなければ中途半端に勉強に時間を費やしてしまって時間もお金もかけたのに合格できなかったなんていう最悪の結果になるかもしれません。

勉強時間を確保できる

次の試験までに一番勉強時間を確保できるのは、今日から始めることです。

来月から始めるではひと月ほど損をします。明日から始めるでも1日損をします。

今日始めたいと思ったのなら今日始めるということが試験勉強の時間を最大に確保する方法です。

直前期になるにつれて、勉強できていない箇所がどんどんと不安になったり、もっと勉強する時間があればなぁ

と僕の経験上まず間違いなく思います。

そんな時に勉強開始時期を遅らせてしまったということを深く後悔するかもしれません。

そうならないように、今始めましょう。

計画どおりにいかないのが社労士試験

社労士試験に必要な勉強時間は概ね1年と言われています。

このことからいうと、社労士試験は8月なので、8月ごろから勉強を始めるというのが定石のように思えます。

ただ、

ひの
ひの

必要勉強時間が1年だからといって1年で合格できるとは限りません

それは、長くかかるかも知れないし、短くて済むかも知れません。

それは誰にもわからないのです。

であれば、平均勉強時間など気にせず、とにかく始められる時に始めるということが大切です。

ひの
ひの

どれだけ勉強しても受からない時は受からない、そんな非情な社労士試験。

「人事を尽くして天命を待つ」

とにかくできることは全部やって、あとは運命に託しましょう。

まとめ

以上、社労士試験の始めどきについて

ひの
ひの

始めどきは、

「始めたいと思ったその時以外ない!」

ということをお伝えさせていただきました。

みなさんが悔いのない受験勉強期を過ごされることを願っています。