学習法

【まだ間に合う】社労士試験対策を1月・2月から始めて6ヶ月(半年)で合格可能か

今から挑戦しようとする人1

社労士試験を受験しようと思ったけど、日程を確認したらあと半年しかない!

本当に合格できるかな、来年に照準を合わせた方がいいのかな?

と言う疑問にお答えいたします。

この記事の内容
  • 半年の勉強期間で合格可能か
    
  • 合格のために意識すること
    
  • 半年で合格するための勉強スケジュール
    
  • 半年合格を目指すメリット


結論から言うと、

半年の勉強期間で合格することは可能です。

ただし、意識しておくべき点がいくつかありますので、その点についても解説させていただきます。

また、もし「そうはいってもやっぱり半年じゃ無理だよ・・・」と思う方がいらっしゃったとしても

僕は

ひの

いいから絶対に半年合格を目指すべき!

と思っているので、その辺のメリットなども書きたいと思います。

なので、最後まで読んでいただければ幸いです。

この記事の信頼性

私は令和元年度社労士試験に合格しました。

合格までに3回の受験と、通信講座を利用しての2年半の勉強期間を経ています。

この勉強経験を通じて、自分がもっとこうしていれば効率的に勉強できたという後悔がたくさんあります。

ひの

その経験を踏まえてお答えさせていただきます。

半年の勉強期間で合格可能か

半年の勉強期間で社労士試験に合格可能です。

理由としては、

現に合格している人がいること

試験難易度的に絶対に無理とは言い切れないこと

が挙げられます。

ひの

通信予備校の合格体験記を見ていると毎年、半年合格がいます。

資格スクエアの田口講師に至っては4ヶ月で合格しています。

ただし、次のことを意識する必要があると思っています。

通信講座を受講する
半年間の全てを社労士試験に捧げる
完璧主義をやめる

詳細について一つずつ解説していきますね。

半年合格を目指すにあたって意識すべきこと

通信講座を受講する

これはマストだと思っています。

なぜなら通信講座の

動画講義・音声講義のスキマ時間を埋める学習

が必須だからです。

半年合格にあたって、効率的な学習は欠かせません。

 

独学で勉強をするとインプット作業を全て

テキスト読み

で行わなければならないので、徒歩中に勉強できないなど、時間に制約が生まれます。

 

また、テキストを読むだけのインプットをする場合と

音声・映像でインプットをする場合とでは

後者の方が格段に記憶定着率が良いです。

ひの

僕は1年目の学習はずっとテキストだけだったので、ここが後悔ポイントです。

おすすめは音声講義がある通信講座です。

社会保険労務士試験の超おすすめ対策法は「音声講義」! 勉強したいけど時間がない 勉強してもいまいち記憶に定着しない もっとスキマ時間を勉強にあてたい 僕の3年...

中でも絶対的なおすすめは最高の合格実績を誇り、人気No. 1のフォーサイトの社労士講座です。

半年間の全てを社労士試験に捧げる

睡眠時間・勤務時間以外を全て社労士勉強時間に充てる

睡眠時間・勤務時間以外を全て社労士勉強時間に充てる

ひの

このくらいの覚悟が必要です。

社労士試験の勉強時間が大体1000時間が一般的と言われている中で、

半年間の勉強で合格しようとすると1日平均5〜6時間の勉強が必要となります。

これを机に向かっての勉強時間だけで賄うことは不可能です。

 

通勤時間は当然ですが、トイレ・お風呂など全ての時間を勉強に使いましょう。

ひの

そういう意味でも音声講義のある通信講座を選ぶことが重要だと思います。

完璧主義をやめる

社労士試験を合格するためだけの勉強と割り切ること

が重要です。

試験勉強と社労士としての勉強を切り分けて、

マークシート問題において正答できる程度の理解があればいいと割り切って勉強するのです。

そのためには、インプットは早々に切り上げて、アウトプット(問題演習)をとにかく進めることが大切です。

変に、張り切って一つずつ理解してから進むぞと思ってしまうと、

結果として、社会保険科目まで辿り着かずに本試験を迎えてしまうということが起きてしまいます。

ひの

1年目の私がそうでした。

厚生年金の勉強をし始めたのが8月入ってからだったので、絶対に間に合いませんでした。

しかも理解しながら進めた労働科目も大した点数ではなかったという・・・

半年で合格するための勉強スケジュール

では具体的にどのように勉強を進めていく必要があるのでしょうか。

逆算的に考えてみたいと思います。

まず、

ゴールは模試を3回復習した状態で本試験に望むこと

とします。

ですので、8月初頭には全ての科目について問題演習を終わらせた状態にしておく必要があります。

以上のことを踏まえて、スケジュールを図にしました。

コツとしては、

  • とにかくインプットを早めに終わらせること
  • 問題演習を通じて覚えていくこと
  • 直前期は模試をひたすら復習すること

です。

半年合格を目指すメリット

あと半年しか勉強期間がなく、余裕をもった勉強ができない方でも目指すべき理由があります。

それが、

  • 半年でも受かることが十分ありえる
  • マークシート試験のためラッキー合格もある
  • 仮に受からなかったとしても本試験の雰囲気になれることができる
  • 仮に受からなかったとしてもすでに勉強が1周済んでいる状態から始められる

です。

もし、

今から挑戦しようとする人2

今年はもう勉強する時間がないから来年でいいや

と考えてしまって勉強をしない、ゆっくり勉強するなどをしてしまうと

本当にもったいないです。

ひの

やる前から諦めず、全力で挑んだら何か起こるはずです!

まとめ

以上、半年間しか準備期間がなくても社労士試験を受けるべきか

ということで記事を書きました。

簡単にまとめると

  • 合格可能だから目指すべき
  • 試験のための勉強と割り切って効率的な勉強を意識する
  • 仮に十分な準備ができなかったとしても来年に向けて得られるものは大きい

です。

すでに社労士講座を受講して、もしくはこれから受験を考えている方で

やっぱ半年じゃ無理だからゆっくり勉強しよう

と思われている方は、今一度試験に望む姿勢について考え直すきっかけになりましたら

とっても嬉しいです。

tsushinkouza-review
【2022年合格目標】社労士おすすめ通信講座対象者別まとめ。社会保険労務士各講座の特徴を徹底比較! ・社労士試験受けたいけど通信講座ってどんなのがあるの? ・講座が多すぎて、どれが良いのかわからない! ・どんな特徴がある...