社労士

副業としても有用な社労士資格。どんなものがあるの?

社労士は、独占業務を持つ国家資格であり、非常に価値の高い資格です。

また、第一号業務、第二号業務などの他にも社労士の資格を活かしたアルバイトを行うことができます

この記事では、社労士登録後に社労士業務とは別のアルバイト業務にどのようなものがあるのかを紹介いたします。

社労士会主催のアルバイト

各都道府県に1つずつ社労士会というものがあります。

社労士会には支部がありますが、支部では様々な活動が行われており、その活動を行う際に、支部に所属している社労士に対してアルバイトを募集することがあります。

これらのアルバイトは、開業したばかりなどの収入が少ない社労士を援助するという意味でも行われています。アルバイトには例えば社労士試験の試験監督業務などがあります。

1日の日当は概ね2万円程度のようです。

収入の少ない若手社労士などが優先的に割り当てられているという噂もあります。

社労士の無料相談会

デパートや街中で年金相談会が実施されているのを見かけたことはありませんか。

この相談会は社労士会主催のもであり、小さい規模のものであれば毎週開かれたりしています。

こういった相談会を実施する際には、所属の社労士に対してアルバイト募集をかけます。

行政主催のアルバイト

ハローワークや、労働基準監督署などでも就職相談などの無料の相談会を実施しています。

これらを実施する際は行政から社労士会に依頼があり、所属の社労士にアルバイト募集を行うようです。

日当は2万円前後と言われています。スポット的とは言え、時給に換算すると高いですよね。

ハローワークの就職指導

ハローワークでは、就職困難者などに対して就職指導が行われています。

履歴書や面接の受け方などを指導するのですが、このような指導に対しても、労務の専門家である社労士に依頼があります。

各地域によって異なりますが、報酬は概ね時給1000円前後が目安のようです。

その他の行政のアルバイト

年金事務所や、協会けんぽでは定期的に嘱託職員の募集を行っています。

社労士有資格者などを優遇している求人も見かけます。また、開業している社労士が収入を補うために働いているというケースもあるようです。

ですが、正直給与面での待遇の良さは見込めません。

まとめ

社労士会主催のアルバイトや、行政主催の単発のアルバイト、嘱託職員の募集など社労士登録後は副業としても色々と働く機会はあるということですね。

社労士会に登録すると、講習会や勉強会等、社労士同士の人脈が広がり、社労士会のアルバイトなどが可能となり、自分の社労士としての幅が大きく広がりそうですね。