社労士

社会保険労務士試験の受験資格について。満たす要件別の必要な添付書類は何?

この記事を読まれているということは、社会保険労務士試験の受験を考えていることでしょう。

社会保険労務士試験を受験するためには、受験資格が必要となります。

この記事では、社会保険労務士試験を受験するために必要な受験資格申込時に提出しなければならない添付書類について解説します。

大きく分けると満たすべき受験資格は、学歴実務経験試験合格過去受験の4つのうちいずれかです。

なお、一度社労士試験を受験された方は、過去受験の受験資格が認められますので、次回以降は、卒業証書を用意するといった特段の手間のかかる受験資格を満たす必要はありません。

学歴

受験資格

基本的には大学、短期大学、専門学校、高等専門学校(5年制)を卒業することが必要です。ただし、大学を卒業していなくても62単位以上の卒業要件単位を修得していれば受験資格があります。

添付書類

大学等を卒業している場合は、「卒業証明書の写し」が必要となります。

62単位以上の単位習得者は「大学の成績証明書」が必要となります。

卒業証明書や大学の成績証明書がない場合は、ご自身が在籍されていた学校に問い合わせれば基本的には再発行可能です。

再発行手続きには数週間の期間がかかることもありますのでお早めに手続きをされることをオススメします。

実務経験

受験資格

・会社の総務課等で労働社会保険諸法令事務(健康保険、厚生年金保険や雇用保険の被保険者資格取得・喪失届の作成など)で3年間の実務経験を有すること

・全国健康保険協会、日本年金機構で社会保険諸法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上

・社会保険労務士法人又は弁護士法人の業務に従事した期間が通算して3年以上

・公務員として3年以上勤務

などが挙げられます。

添付書類

実務経験証明書の原本が必要となります。

名前や従事した事務内容などを記載の上、職場の総務などで証明印を押印する必要があります。

試験合格

受験資格

厚生労働大臣が認める国家試験に合格していることが必要となります。例えば公務員試験、司法書士試験、税理士試験などが挙げられます。

またその他に、行政書士試験に合格していることでも受験資格が認められます。

添付書類

合格証明書の写しが必要となります。

過去受験

受験資格

直近3年間に実施された社会保険労務士試験の受験票又は成績(結果)通知書を所持している者

一度社会保険労務士試験を受験された方は、こちらを満たすことで受験資格を満たすことができます。

添付書類

直近3年間に実施された社会保険労務士試験の受験票又は成績(結果)通知書いずれかの原本

が必要となります。

受験票や成績通知書は捨てずに必ず持っておくようにしましょう。

受験資格が満たせない場合

試験センターに問い合わせてみる

社労士試験を受験したいけど、受験資格を満たしていない場合はどうしたら良いのでしょうか。

一度、本当に受験資格を満たしていないか社会保険労務士試験公式のホームページで確認しましょう。

そして、少しでも疑義がある場合は試験センターに「実務経験証明書」と「送付状」をFAXすると、電話により受験資格の有無について事前確認をすることができます。

社労士法人に勤務する

社労士として生きていくんだと明確にビジョンが固まっている方は、社労士法人に就職・転職されるということもありだと思います。

社労士法人で3年間の実務経験を経ることで社労士の受験資格を得ることができます。

実務を経験しながら社労士の勉強を進めることで、試験の対策も実感を持って進めることができるでしょう。

また、合格後の社労士としての活躍の道も、実務経験ありの社労士として活躍の場が広がること間違いなしです。

行政書士試験に合格する

社労士試験を受けるために行政書士試験を受験すると聞くと一見遠回りのようにも聞こえますが、社労士と行政書士の資格の親和性はとても高いです。

会社設立などを担う行政書士が、そのまま社会保険適用事務も担当できるということで、行政書士資格を持つ社労士は重宝されることでしょう。

また、行政書士試験は一般的な法律知識を問う試験であるため、社労士試験の対策を始めた時も法律に抵抗なく勉強を進めていくことができることでしょう。

まとめ

社会保険労務士試験の受験には、受験資格を満たすことが必要ですので、提出可能な添付書類なども含めて検討し、ご自身が一番提出しやすい受験資格を確認しておきましょう。

また、今は受験資格がないという方も、社労士法人への勤務や行政書士試験合格などで受験資格を満たすことは十分可能です。そしてそのことが、社労士試験や合格後の社労士としての実務に大きく活きてくることと思います。

長いスパンで社労士試験を見つめて、じっくりと対策を練られるのが良いと思います。