社労士

【基本情報】社会保険労務士とはどのような資格か。役割、仕事内容、やりがい、将来性を解説。

どうも、社会保険労務士有資格者のひのです。

この記事をご覧になられているということは、社会保険労務士試験を受験しようかどうか迷われている方もいらっしゃるのではないかと思います。

そもそも社会保険労務士とはどのような資格なのでしょうか。この記事では役割、仕事内容、やりがい将来性などを解説していきたいと思います。

社会保険労務士の役割

社会保険労務士の資格について定められている社会保険労務士法には、社会保険労務士の目的について以下のように定められています。

(略)社会保険労務士の制度を定めて、その業務の適正を図り、もつて労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。

社会保険労務士法第1条

要するに、社労士が労働及び社会保険に関する法律の専門家として、企業の発展労働者の幸福の両立を実現していきましょうと書いてあります。

労働諸法令・社会保険諸法令を使いこなして、企業と労働者を幸せにするというのが社労士の一番の役割となります。

社会保険労務士の仕事

社労士の仕事は、大きく分けて3つあります。また、①と②はいわゆる独占業務と言われ、社会保険労務士にしか他人の依頼に応じて行うことができない業務となっています。

①労働社会保険諸法令の申請書作成

②労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成

③労務管理及び社会保険に関する事項についての相談指導

社会保険労務士の仕事①  労働社会保険諸法令の申請書作成(独占業務)

申請書作成・手続き代行は社会保険労務士に求められる基本的な業務

労働・社会保険に基づく申請書の作成と手続きの代行を行います。

例えば、職員の採用・退職に関する申請書や、超過勤務を認めるためのいわゆる36協定、会社の働く際の基本的なルールを定めた就業規則など、企業が労務管理をするにあたって申請・作成が必要な書類は社会保険労務士が作成することができます。

こういった手続きが行われていないと、労災に係る支給が受けられない、失業手当が受けられない、ケガなどの際に保険が適用されないなど職員に大きな損失が出るだけでなく、会社の管理体制なども問題視されることとなります。

また、会社で支払う必要のある保険料の支払いの漏れがあると延滞金や追徴金などを徴収されるケースもあります。

労働関係だけではなく、年金分野でも申請書代行業務はあります。

最近では認定が複雑な障害年金の申請業務に特化した社会保険労務士事務所なども多くあります。

労働・社会保険制度は年々複雑化していますので、こういった正確性が求められる業務であるがゆえに社会保険労務士に大きな期待がかかっている業務でもあります。

 助成金申請も社会保険労務士の大きな仕事

また、コロナ禍で何かと注目を集めた雇用調整助成金をはじめとした、国による雇用や人材開発に関する助成金の申請も社会保険労務士が独占的に行う業務です。

助成金の申請は、要件を満たせば事業の運営にあたって大きなメリットとなりますが、申請業務自体は複雑で難しいものが多いです。

助成金申請業務は近年、社会保険労務士の活躍の中心の場となっています。

社会保険労務士の仕事② 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成

会社には「労働者名簿」「賃金台帳」の作成が義務付けられています。

これらの帳簿書類は定期的に労働基準監督署の臨検と言われる検査が実施されます。記載漏れや作成漏れなどがあると罰則を受けることもあります。

社会保険労務士がその専門知識を活かして臨検で指摘されないような帳簿作成をすることで会社での業務の負担を減らすことができるのです。

社会保険労務士の仕事③ 労務管理及び社会保険に関する事項についての相談指導

いわゆるコンサルティング業務です。

会社の基本的なルールを定めた就業規則を各会社の実態や課題に応じて改定などを提案したり、人事評価制度、採用、賃金制度などの見直しを行うことで、会社の生産性を向上させるアドバイスを行う業務です。

それぞれの会社にあう制度の構築の助言となりますので、社会保険労務士の裁量も大きくなり、労働者を大切にしながら企業の業績も向上させる必要があるため腕の見せ所となる業務です。

その他の業務

これまで紹介した業務の他にもまだまだ社労士として求められている業務はたくさんあります。

例えば、労働局や年金事務所の相談員は社労士としての募集があったり、資格学校の社労士講座の講師となるのも選択肢のうちの一つとなります。

社会保険労務士のやりがい

社会保険労務士の役割で書いたとおり、社会保険労務士の一番の目的は会社の幸せと労働者の幸せを両立させていくことです。

社労士としてのやりがいはそこに生まれます。

企業の成長を共に感じながら仕事ができる

社会保険労務士が関わる企業といえば、大企業よりもどちらかといえば中小・零細企業が多くなります。それは自前の総務部人材に余裕がなく、社会保険労務士に外注することが多くなるからです。

そういった企業の経営者とともに会社の将来を労務管理の面から支えることができる社会保険労務士は当然大きな責任を伴いますが、比例して非常に大きなやりがいを感じることができます。

専門家という立場で経営者の方々と仕事をすることはとても刺激的な経験ですね。

労働者の方を助ける

他の士業にない特徴として、社会保険労務士は労働者などの個人に対しても活躍できる資格です。

弁護士・税理士・中小企業診断士・公認会計士など会社に雇われている士業はいずれも会社の側に立って業務をいますが、社会保険労務士は労働者と会社の幸せの両立が目的です。

社会保険制度を通じて双方の幸福を実現できるところに非常に大きなやりがいを感じるはずです。

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士は今後も必要とされる資格なのでしょうか。

私は、今以上にどんどん活躍の場が広がっていく将来性のある資格だと断言します。

理由は2つです。

・社会の関心が高まっているから

・制度がどんどんと複雑化してきており専門的な知識が必要だから

社会の関心が高まっているから

労働関係で言えば、働き方改革です。超過勤務規制など大きな改正が行われるなど現在労働諸法令は大きな世間的な関心を集めています。

労働問題もセクハラ・パワハラ・モラハラ、ブラック企業などなど報道なども増えてきています。

また、社会保険関係で言えば、年金2000万円問題など年金は常に世間の関心の中心にあります。

労働・社会保険制度というのは社会で重要な役割を果たしている上、近年の注目に鑑みても社会保険労務士の活躍の場というのはこれからも大きくなります。

制度が複雑だから

世間の関心があっても分かり易ければ専門家は必要ありません。

しかし、年金制度をはじめ社会保険制度は多くの経過措置などが定められていることなどもあり、非常に複雑です。

ある程度の勉強量をこなした方でないとこの制度を理解するのはとても難しいです。

また一度理解したとしても毎年改正が行われているため、常に知識をブラッシュアップしておかなければならず、そこまでの時間を取れる人はなかなかいないでしょう。

そこで求められるのが社会保険労務士です。

複雑がゆえに社会保険労務士を頼ろうという人がたくさんいるのです。

社会保険労務士は将来性がある

以上の2つの理由から社会保険労務士は今後ますます需要が伸びていく資格だと言えます。

高齢化に伴って年金制度について解説を求められる機会も増えることでしょう。

ただし、常に知識を最新のものにしておくという努力を欠かさないことが必要とされる社労士になる上でとても大切なことです。

まとめ

・社会保険労務士は企業、労働者双方を幸せにする資格である

・労働・社会保険申請書作成からコンサルタントまで幅広い業務が可能

・社会保険労務士は経営者と会社の根幹的な仕組みを作り上げるやりがいのある仕事である

・社会保険労務士は将来的にもっと必要とされる資格である