宅建士

宅建士おすすめテキスト2022年版を紹介します【独学で合格を目指す人向け】

takkennsi-osusume-text

みなさん、こんにちは!

この記事では、宅建士試験を独学で合格を目指す人に、おすすめのテキストを紹介します。

ひの

書店や通販で売っているテキストが多すぎて、どれを選べばよいかわからない・・・

とりあえず口コミがよいテキストを買ったほうがいいのだろうか・・・

このような悩みはございませんでしょうか。

宅建士試験は、次の理由で市販のテキストの数がとても多い特徴がります。

・国家試験の中で受験者数が1番多い

・独学で合格を目指す人が多い

書店の資格コーナーには、宅建士試験のテキストがいっぱいありますよね。

なんとなく読んでみてよさそうと思っても、勉強をすすめていくうちに、自分にあわないと思うのは、避けたいですよね。

独学で合格を目指す以上、費用もできる限り少なくおさえたいものです。

そんなあなたに、当サイトがおすすめする宅建士の参考書を紹介します。

この記事の信頼性

小金井俊

ひのブログ宅建士部門執筆者:小金井俊(宅建士、管理業務主任者資格保有者)

宅建士証

【筆者プロフィール】

名前:小金井俊

宅地建物取引士、管理業務主任者、2級ファイナンシャルプランナー合格。

不動産会社勤務歴10年

資格を活かし、不動産業界で2度の転職、現在は大手ディベロッパー勤務しています。

最年少チームリーダーの経験有、会社の若手から宅建士受験情報も収集しています。

まずテキスト選びをはじめる前に

口コミがよいテキストを「とりあえず」購入することは、あまりおすすめしません。

宅建士試験は色々なテキストが販売されているので、自分にあったテキストを選ぶようにしましょう。

その方法の1つとして、「読書派」「マンガ派」から選ぶことをおすすめします。

また、必ず最新のテキスト(2022年度版)を購入するようにしましょう。

宅建士試験は、受験する年に法律がかわった範囲「法改正」の出題があります。

ブックオフやメルカリなどで過去のテキストが割安で売られていますが、最新の法改正が反映されていませんので注意が必要です。

小金井俊

テキスト代はけちらずに、最新のものを購入しましょう!

あなたは「読書派」?「マンガ派」?

まず、あなたは次のどちらでしょうか。

・マンガより読書が好き

・読書よりマンガが好き

読書が好き

【読書好きの特徴】

1.文字を読むことが好きで、長文も苦にならない

2.本の中から、自分に役に立つ情報だけ記憶することが得意

小金井俊

【読書派】おすすめのテキストから選びましょう

マンガが好き

【マンガ好きの特徴】

1.文章だけだと頭に入らないけど、マンガだとすっと頭に入る

2.思い出すとき、言葉だけではなく絵とセットで思い出すことが多い

小金井俊

【マンガ派】おすすめのテキストから選びましょう

【読書派】おすすめのテキスト

読書派テキストは、「1冊のみで勉強したい」「時間をかけても試験範囲をきっちり勉強したい」人におすすめです。

【読書派おすすめテキストの特徴】

〇出題範囲が広く、細かく書いている

〇専門用語が多め

〇語呂あわせは少なめ

出題範囲が細かく書いている

宅建士試験の出題範囲はかなり広いため、どのテキストもページ数が多いです。

特にマンガ派テキストは、絵や解説が多めなので、より分厚くなっています。

そのため、全ての出題範囲まで書けず、特に重要な範囲だけ書かれていることがマンガ派テキストに多いです。

一方で読書派テキストは、絵や解説が少ない分、ページ数を確保できますので、出題範囲がより広く、細かく書かれている特徴があります。

独学で合格したい人には、1冊で合格範囲すみずみまで勉強できますので、時間をかけてでもきっちり勉強したい人におすすめです。

専門用語が多い

解説が必要最低限しかないことも、読書派テキストの特徴です。

そのため、専門用語もあえて多く使われていることがあり、法学初学者には少し読みづらいかもしれません。

しかし、専門用語に慣れておくと、試験問題を解くときも違和感がなくなりますので、より試験には有利になるでしょう。

解説や語呂などは少なめ

宅建士の試験範囲には、暗記が必要な分野もありますので、語呂あわせは有効な勉強方法の1つです。

もちろん、読書派テキストにも語呂あわせは書いていますが、マンガ派テキストと比べると少な目です。

語呂あわせをしなくても暗記ができる人や、自分なりの語呂あわせを作って工夫できる人に読書派テキストは向いています。

出題範囲を網羅しつつ、ムダもカット!持ち運びに便利な読書派テキスト

史上最強の宅建士テキスト

・出題範囲はほぼ全て網羅されている

・ムダな文字などがカットされ、ページ数もスリムになり持ち運びもしやすい

・科目ごとに過去問での実践が付録されていて、筆者おすすめの「インプット→アウトプット」学習にもってこいのすぐれもの

法律勉強経験者におすすめ、極限まで合格率を上げたい方に

パーフェクト宅建士 基本書

・試験範囲がほぼカバーされている

・法律用語がそのまま書かれているので、法律勉強経験者におすすめ

情報量は市販テキストでトップクラス、見やすさも特徴

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト

・出題範囲をほぼ網羅している

・読書派テキストの中でも、特に絵や解説が少なめ

・文字の大きさや1ページの文字数も工夫されており、読みやすさもグッド!

短期間で合格したい人必読!詰め込み型のテキスト

どこでも宅建士 とらの巻 短期決戦型速習テキスト

・短期間で合格したい人向けのテキスト

・語呂あわせなども多く、重要な点だけ直前に詰め込みたい人におすすめ

・範囲を重要なものだけに絞っているので、時間に余裕のある人は他テキストをおすすめ

【マンガ派】おすすめのテキスト

マンガ派テキストは、「文字よりも絵でイメージしたい」「効率よく勉強したい」人におすすめです。

【マンガ派おすすめテキストの特徴】

〇絵とセットで覚える

〇わかりにくい用語も丁寧に解説

〇語呂あわせが多数

〇出題範囲がすべて書かれていない場合あり

絵とセットで覚える

勉強したことを「こういう絵が描いてあったな」と思い出すことができます。

試験勉強をしていると、登場人物が多くなることがある(Aさん、Bさん、Cさん、Dさん・・・等)ため、混乱してしまうことがあります。

マンガ派テキストは、わかりやすく絵で描かれていますので、理解もしやすくなります。

わかりにくい用語も丁寧に解説

独学の勉強は、聞いたことのない専門用語がわからず、挫折してしまうことも少なくありません。

マンガ派テキストは、専門用語なども丁寧に解説されています。

小金井俊

法律の勉強がはじめての方にはうれしいですね!

ただ、たとえや絵がわかりにくいこともありますので、自分好みのテイストのものを選ぶことをお勧めします。

語呂あわせが多数

語呂あわせを多用していることも、マンガ派テキストの特徴です。

どれだけ暗記したかが合格の明暗をわけることも多いですので、語呂あわせは積極的に活用しましょう。

出題範囲がすべて書かれていない場合あり

絵や解説が多いぶんページ数をとられてしまいますので、全ての範囲が書いていない場合があります。

合格に必要な最低限の範囲はしっかり書かれているテキストが多いので、重要な部分のみ勉強し、効率よく合格したい人におすすめです。

筆者のおすすめ。わかりやすさと試験範囲がピカイチ

ドンドン解ける!宅建士合格テキスト

・古くから愛されるロングセラー作品

・わかりやすさと試験範囲がどちらも網羅されており、愛されつづけているのも納得

・通信講座の広告などもなく、本の中で必要なことを極力解説されている

超ロングセラー、宅建士試験経験者で知らない人はいない1冊

らくらく宅建塾

・市販テキストでは、おそらく一番有名なテキスト

・わかりやすい表現、絵や表のバランス、文字のおおきさやおさえておくべき点など、年々改良が重ねられている。

・最低限の出題範囲のみ書かれているので、全ての範囲を勉強したい人は物足りないかも

とにかく楽しく!ノリが独特なテキスト

合格しようぜ!宅建士 基本テキスト音声講義付き

・楽しく勉強することを目的としており、ほかのテキストよりノリが軽く書かれている

・解説がかなりかみ砕かれていて、法律の勉強がはじめての人でも読みやすい

・音声付録あり、直接質問は有料のオンラインサロン(880円)加入の必要あり

まとめ

いかがだったでしょうか。

当サイトでは通信講座での宅建士試験合格をおすすめしていますが、テキストで勉強するのもおすすめです。

その際にはやはり、

「自分に合ったテキストかどうか」

という観点は一番大事です。

私に合うテキストとアナタに合うテキストは違うということです。

あなたにピッタリのテキストに出会って、宅建士試験合格へと近づけることを願っています。