宅建士

フォーサイト宅建士通信講座の評判や実績は?実際どう?宅建有資格者が徹底解説【口コミ】

takkensi-foresight

宅建士試験の合格を目指している皆様、こんにちは!

このページでは、通信講座「フォーサイト」の宅建士講座を徹底解説させていただきます。

web広告などでご存じの方も多いのではないでしょうか。

フォーサイトは資格試験の勉強がはじめての方に、とてもおすすめの通信講座です。

今回は、このフォーサイトの特徴やメリット・デメリットを徹底的に解説しながら、本当に選ぶべき通信講座なのか迫ってみたいと思います。

↓受講生の合格率は驚異の65%↓

この記事の信頼性

小金井俊

ひのブログ宅建士部門執筆者:小金井俊(宅建士、管理業務主任者資格保有者)

宅建士証

【筆者プロフィール】

名前:小金井俊

宅地建物取引士、管理業務主任者、2級ファイナンシャルプランナー合格。

不動産会社勤務歴10年

宅建士は通信講座で合格したので、通信講座の良いところと悪いところをお伝えできればと思います。

※筆者の経験にもとづく評価になります。

ご自身に合う講座か、ホームページや資料請求、無料体験講座等を試された上、ご判断されることをおすすめします。

フォーサイト宅建士通信講座の受講をおすすめする方

早速、結論から申しますが、フォーサイトの通信講座は、次のような方におすすめです。

【フォーサイトとは?】

元々は、不動産会社や金融機関で宅建士試験の研修を行っていた会社です。

実績が評価され、一般の方に向けても宅建士講座を開始し、現在でも高い評価をうけています。

宅建士をはじめ行政書士、社労士など、人気があり、高難易度な国家資格の講座を多くとりそろえています。

難易度が高い資格は、いかに勉強を続けるかがとても大事です。

そのため、合格はもちろん、勉強を楽しく続けることのできるサービス内容が特徴的です。

フォーサイト宅建士通信講座 カリキュラム

【フォーサイトHPより】

フォーサイト宅建士通信講座は、6ヶ月間の勉強期間で合格を目指すカリキュラムです。

宅建士試験の合格には6ヶ月間が必要とされていますので、十分な期間といえます。

尚、3ヶ月での短期合格にも適用していますので、それぞれのスケジュールにあわせて勉強をすすめることができます。

講座の種類は、次の3つです。

フォーサイト講義種類

●バリューセット1

共通サービスのみ

●バリューセット2

共通サービス+直前答練

●バリューセット3

共通サービス+直前答練+科目別答練(〇×問題)

すべての講座でうけられる「共通サービス」と、バリューセットによってオプションが異なります。

【共通サービス】

・テキスト

・問題集(過去10年分)

・一問一答演習(〇×問題)

・模試直前

・eラーニング(スマホやパソコンで動画講義が受けられるサービス)

【直前答練】

本試験前に、法改正や出題が予想される分野を復習します。

【科目別答練】

それぞれの分野から50問ずつの模試を2時間で回答する勉強です。

ご自身が苦手な分野を、最新の情報で学びなおすことができますので、弱点分野の克服におすすめです。

小金井俊

共通サービスだけでも十分合格は可能ですが、法改正をしっかりと学びたい方、苦手科目がどうしても克服できない方は、バリューセット2・3を選ぶとよいでしょう。

費用も異なりますので、学習状況や予算を考えて、ご自身にあった内容を選んでくださいね。

フォーサイト宅建士通信講座 講義動画

インターネットによる通信講義となり、スマホやパソコンから視聴することができます。

なお、DVDは付録されていません。

講義動画の内容

フォーサイトの宅建士講座の講義時間は、合計約15時間です。

〇宅建業法:3.5時間

〇法令上の制限:2.5時間

〇その他:1時間

〇権利関係:3時間

〇過去問読解:5時間

①要点をしぼった講義時間

動画講義合計15時間は、他資格と比較しても短い印象です。

当然、合格に必要な情報はすべて入っており、効率よく学習できるボリュームになっています。

②1つの動画時間が、15分程度

他の通信講座の場合、1つの動画時間が30分以上のことが多いです。

フォーサイト宅建士通信講座は、1動画が約15分にまとまっていますので、スキマ学習にとても適しています。

仕事や学校、アルバイト終わりに勉強しようとしても、30分以上の動画をみなければならないとなると、勉強も遠のいてしまうのではないでしょうか。

小金井俊

15分だと、「1つだけ頑張ろう」と思いませんか?

毎日、コツコツと頑張ることが、宅建士合格への近道です!

フォーサイト宅建士通信講座 テキストの特徴

フォーサイト独自のノウハウから、特に重要な部分や出題が予想される部分を特にマークされています。

図解が多いうえ、フルカラーで非常に見やすく、市販テキストとくらべても負けず劣らずの完成度です。

他通信講座と比較しても、かなり完成度は高いのではないでしょうか!

宅建士や行政書士などのテキストを見ても、フォーサイトが一番見やすいテキストを作ってくれるので、初学者でも安心です。

フォーサイト宅建士通信講座 講師の特徴

フォーサイトの大きな特徴で、専属の宅建士講師のほかに、バーチャル講師が所属しています。

宅建士講座専属 窪田 義幸講師 【フォーサイトHPより】

立命館大学卒業、河合塾などで予備校講師経験のあるベテラン講師です。

話し方は非常に柔らかく、丁寧な授業が持ち味です。

通信講座特有の固い印象はなく、雑談も交えながら受講者と距離の近い講義がとても特徴的です。

自身のYouTubeチャンネルを解説しておられ、バイタリティあふれる講師です。

バーチャル講師 真鍋 サキ講師 【フォーサイトHPより】
バーチャル講師 本郷 タケル講師 【フォーサイトHPより】

Vチューバーのように、キャラクターが講師になって講義をします。

声もプロの声優さんが対応しており、アニメが好きな方も納得の完成度です。

台本はプロの講師が監修しているので、講義内容についてはしっかりしています。

勉強が楽しみになる、他にはない革新的なサービスではないでしょうか!

小金井俊

個人的な感想ですが、バーチャル講義の方が、スッと頭に入ってきたりするので専属の窪田講師とバーチャル講師を使い分けながら、飽きなく勉強が出来そうですね!

↓受講生の合格率は驚異の65%↓

フォーサイト宅建士通信講座 サポート内容

web上で動画やテキストを見ることができるeラーニング「Manabun(マナブン)」から、次のサポートを受けることができます。

【スケジュール管理機能】

自身の勉強状況やライフスタイルにあわせて、スケジュールを自動で作ることができる機能です。独学では自分でスケジュール管理をしなければなりませんが、合格に必要な目標を自動で作ってくれる便利なサービスです。

【講師への質問】

eラーニング 「Manabun(マナブン)」 から質問可能です。

質問回数は、申込講座の内容から上限が決まっています。

・バリューセット1:15回

・バリューセット2:17回

・バリューセット3:20回

フォーサイト宅建士通信講座 価格

バリューセット1:95,600円(税込、テキスト送料別)

バリューセット2:117,200円(税込、テキスト送料別)

バリューセット3:139,000円(税込、テキスト送料別)

※DVDは別料金(10,000円)かかります。

※割引などはHPを参照ください。割引後はバリューセット1で6万円前後で受講は可能です。

なお、バリューセット3は、不合格の場合には受験料が返ってくる「全額返金制度」が適用になります!

全額返済の条件

・講座内の学力テストですべて満点

・講座内の模試で全受講者の上位34%に入る

少し厳しい条件になります。

ただ、合格に必要な知識があれば達成できる条件なので、返金制度を目指して勉強に励むのもおすすめです!

なお、フォーサイトは厚生労働省指定の通信講座のため、教育訓練給付金が適用になります。講義費用の20%がハローワークから返却される制度です。
※教育訓練給付制度(一般教育訓練)は教育訓練修了後、本人が直接、ハローワークに申請を行う制度です。制度の詳細や対象者であるかのご確認は、申込の前に現住所管轄内のハローワークまでお尋ねください。

フォーサイト宅建士通信講座 評判・口コミ

・窪田先生の講義がおもしろくてわかりやすい、モチベーションを保ちながら勉強できた。励ましの言葉にとても勇気づけられた。(30代 男性)(フォーサイトHPより)

・不動産業界への転職のため、講座受講を決意。仕事のスキマ時間を利用し、効率よく勉強がすすめられた。(30代 女性)(フォーサイトHPより)

・FP(ファイナンシャルプランナー)、管理業務主任者とセットで合格。行政書士や司法書士へステップアップしていきたい。(50代 男性)(フォーサイトHPより)

小金井俊

短期間でも合格を目指せるカリキュラムのため、働きながら合格を目指している方が多い印象です。窪田講師のわかりやすい講義や、誠実でおもしろい人柄にひかれたという声も多くありました。

フォーサイト宅建士通信講座 デメリットは?

筆者が思うデメリットは、以下の通りです。

①講師への質問回数に上限がある

申込カリキュラムによって、質問回数の上限が決まっています。

最大で20回質問が可能であればある程度十分なように感じますが、何度も質問をしたい方にとっては、足りないと感じるかも知れません。

②講義ボリュームが少ない

最短3ヶ月の勉強期間でも合格ができるよう、講義動画のボリュームは少なくなっています。

時間がなく、効率よく勉強されたい方にはちょうど良いボリュームでしょう。

しかし、時間に余裕があり、基礎からじっくりと学習したい方にとっては、もう少し動画が長い通信講座がおすすめです。

フォーサイト宅建士通信講座 合格率などの実績

フォーサイトの令和2年度試験の受験者合格率は、65.0%です。

全体平均が17.6%ですので、かなり高い合格率と言えます。

ただし、学習意欲の高い方や再受講者もおられるので、全体平均と比較はできないでしょう。

フォーサイトに限らず、通信講座の実績はあくまで目安として見ることをおすすめします。

ただし、これまで見てきた講義の質やテキストの内容から見てみても、この高い合格率には納得できます。

↓受講生の合格率は驚異の65%↓

まとめ

フォーサイト通信講座は、宅建士資格試験初学者におすすめの講座です。

・資格試験がはじめてな方

・勉強をする習慣を身に付けたい方

・楽しく、効率的に勉強をしたい方

に向けたサービスを取り揃えています。

短期間で宅建士試験合格可能なカリキュラムですので、初学者の方も集中して勉強することができるでしょう。

また、バーチャル講義は通信講座では他になく、楽しく勉強を続ける工夫がされています。

全額保証制度も備わっていることも、とても魅力的です。

フォーサイト宅建士通信講座を受講して、宅建士試験勉強を一緒に頑張りましょう!

takkennsi-tushinkouza-review
【現役宅建士推薦】宅建士おすすめ通信講座を徹底比較!特徴、評判を合格者が解説!数ある宅建士講座のなかから、専門家が厳選したおすすめ講座をご案内します!筆者による独自評価も入れているので是非参考にしてみてください。...