※当サイトは記事広告・アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

社労士

社労士の独学がきつい・・・効率の良い学習方法と通信講座のすすめ

こんにちは。ひのです。

社労士試験に独学で挑むとき、きついと感じる時があります。

この記事では、社労士独学の難易度や問題点について詳しく解説し、独学での効率の良い学習方法を解説しながら、通信講座の活用方法を提案しています。

社労士を独学で合格するための難易度は、社労士独特の試験科目の多さや法改正に対応する知識の習得が大変です。

また社労士試験は幅広い知識が必要となってきます。独学での学習コントロールや勉強時間を確保することが難しいのも問題かもしれません。

今回の記事では、社労士独学のきつさについて考えながら、現実問題として目標である社労士試験合格への道を探りたいと思います。

まず、結論から言いますと、次回の社労士試験に受かるためには、独学から通信講座に切り替えて試験に臨むことが一番大事です。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

上記は通信講座の特徴ですが、詳しい社労士講座の比較については下記で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【最新】社労士通信講座おすすめランキング!現役社労士が比較解説数ある社労士講座のなかから、合格者が厳選したおすすめ講座をご案内します!専門家による評価も入れているので是非参考にしてみてください。...

では、解説していきます。

この記事の信頼性

私はひのと申します。

令和元年(2019年)に3度目の受験で社労士試験に合格しました。

2年半の社労士試験勉強(2度の通信講座受講経験)を通じて得た経験や反省を踏まえたレビューをさせていただきます。

社労士独学の現実的な難易度とは?

社労士試験は、幅広い知識を要求される資格試験です。

勉強方法としては独学のほか、通信講座の受講などの選択肢がありますが、独学での合格は決して容易ではありません。

しかし適切な学習方法によって少しでも合格する可能性を高めることができるのも事実です。

ひの

経験者から言わせてもらうと、独学だけで合格する難易度はめっちゃ高いです!僕は通信講座を活用しましたが、独学なら今頃あきらめていたかも。

受験生には限られた時間とリソースしかないため、独学での合格への道のりは大変なものかもしれません。

社労士の試験科目の多さと独学での学習コントロール

社労士試験には多くの出題科目があります。それぞれの科目内容を理解し、知識を定着する必要があります。

独学で学習を進める場合は、自分で学習スケジュールを立てることが重要ですが、進み具合を管理することが難しいことも現実ではないでしょうか。

近年は参考書や模試、過去問などの教材が充実しており、独学でも比較的効率的に学習を進めることが可能ですが、独学者の努力次第という部分が大きいのが事実です。

ひの

自分で管理コントロールするのって本当に難しいです。。

社労士関係の法改正に対応する知識と独学の限界

国会で法律が頻繁に改正されていますよね。

「〇〇の値段が上がります」

など生活に直結する法改正はニュースでも取り上げられますが、社労士関係の法改正はニュースで目にする機会はほどんどなく、知らぬ間に改正されているケースがほとんどでしょう。

社労士の勉強をする上では、最新の法改正の対応が求められます。また、法改正した箇所は試験での頻出範囲となります。

独学では、法改正に即時に対応するための情報収集が難しく、専門的な知識や理解が不十分で進めることになります。

ひの

社労士の通信講座の受講することで、法改正への対応力を強化し、独学の限界を補完することができます。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

ひの

通信講座を受講することで、法改正の心配をしなくて勉強を進められるのは完全なメリットになります。

【最新】社労士通信講座おすすめランキング!現役社労士が比較解説数ある社労士講座のなかから、合格者が厳選したおすすめ講座をご案内します!専門家による評価も入れているので是非参考にしてみてください。...

独学では、社労士の勉強時間の確保が難しい現実

多くの社労士受験生は仕事や家庭と両立しています。

ひの

僕も日中は仕事して、帰宅後は家族サービスしながら勉強をしていました。

この状態は、勉強時間の確保が非常に難しいです。

独学では、自分の学習の進捗に合わせてスケジュールの調整が必要となります。まさに自己管理力が試されます。

通信講座では、仕事と両立をする前提で教材が作られているケースも多く、通勤時間などの「スキマ時間」を活用するものもあります。

↑↑スキマ時間を徹底活用するスタディング↑↑

独学でのモチベーション維持の壁

独学で社労士の勉強を進める際、モチベーション維持が難しいことがあります。

難しい理由は、自分自身で目標を設定し、その達成に向けて努力することが必要だからでしょう。

社労士受験では、合格を目指す多くの受験生が膨大な知識が必要な社労士試験に対して、独学を選択します。

しかし、通信講座に頼らず自分だけで学習を進めるため、モチベーションの低下に繋がることがしばしばあります。

ひの

3日坊主な僕なら、独学だったらあきらめていたと思います。

独学でのモチベーション維持の壁は、自身で目標設定や学習計画を立て続けることが難しいことから生じています。

社労士の勉強は、間違った方法でなければ、少しずつでも理解を深めていくことで確実に合格へと近づける試験でもあります。

ぜひ、通信講座で最短の合格を掴んでください。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

社労士独学合格への戦略的アプローチとは?

ここまで説明してきて、独学ではかなり難易度が高いことが分かってきました。

それでも社労士試験に独学で挑む際は、戦略的なアプローチが求められます。

まずは、効率的な学習計画を立てる必要があります。科目ごとに学習範囲を把握し、優先順位を決めて効果的な勉強方法を取り入れることが大切です。

また過去問題や模試をフル活用して実際の社労士試験に近い状況で学習することで、試験対策ができます。さらに参考書やテキスト、Youtubeなどの解説動画などで理解度を深めるための情報収集も重要です。

独学で合格するためには、モチベーション管理が欠かせません。

ひの

X(Twitter)などで勉強仲間を見つけることや、学習を記録したりすることで、学習意欲を高めていきましょう。

効率的な社労士の学習スケジュールの立て方

社労士の勉強で、効率的な学習スケジュールを立てる方法ですが、以下のポイントを考慮しましょう。

・自分の生活スタイルや環境に合ったスケジュールを作成

・学習時間や頻度を現実的に設定、達成感を得られるようにする

・優先度の高い科目や内容を重点的に学習し、効果的に勉強する

・定期的にスケジュールを見直し、学習の進捗状況や理解度を確認する

これらのポイントを踏まえて、効率的な自己学習スケジュールを立てることが求められます。

過去問をしっかり活用しよう

社労士に合格するためには、過去問をしっかり活用しましょう。

過去問のメリット

・試験に出題される可能性の高い問題を理解できる

・時間を計測して解答することで、実際の試験時間に慣れることができる

・過去問の解説をみて、理解度を深めることができる

・自分の弱点を把握できる

過去問を活用することで、社労士試験に慣れ、頻出問題の理解を深め、合格を近づけることができます。

独学での社労士試験の不合格要因

独学で社労士試験に挑戦する際の不合格となる原因。

それは、

・効率的な勉強ができなかった

・十分な学習時間の確保ができなかった

・過去問題や予備校の模試を活用できなかった

などが挙げられます。まずは自分に合った勉強法を確立することが一番大事になります。

自分の生活スタイルを見つめ、どのタイミングで勉強することが出来るかなど、スケジュールを立てましょう。

社労士になるためには800時間~1000時間の勉強時間が必要です。学習時間を効果的に使うためにスケジュール管理を行い、余裕をもって対策を立てることが重要です。

過去問や模試を積極的に活用し、自分の理解度を確かめて進めていきましょう。

ひの

今回お伝えした部分を補完してくれるのが通信講座です。通信講座では社労士合格のノウハウを持った予備校が英知を結集して、スケジュールやテキストを作っているので、安心して勉強をすることが可能です。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

ぜひ、受講をご検討ください。

社労士の通信講座の活用が合格への近道

対策

社労士の通信講座は、試験合格への近道と言われます。

その理由は、

・自宅学習での時間管理や学習計画の立てやすさ

・専門家による講義、解説付き教材の提供

・模試や過去問の活用が容易

・法改正の確認の容易さ

になるかと思います。

社労士の通信講座を利用することで、自分のペースで学習を進められ、質問サポートや添削サービスを通じて、問題点の洗い出しや理解度の確認ができます。

また、通信講座は独学のデメリットを補完することが可能。

時間や場所に制限されずに「スキマ時間」などで学習ができるため、仕事や家庭の都合に合わせて無理なく学習を続けられます。

ひの

そのため、自分の学習スタイルやライフスタイルに合った通信講座を選べば、試験合格への近道と言えるでしょう。

【最新】社労士通信講座おすすめランキング!現役社労士が比較解説数ある社労士講座のなかから、合格者が厳選したおすすめ講座をご案内します!専門家による評価も入れているので是非参考にしてみてください。...

コストパフォーマンスの良い通信講座の選び方

独学での社労士合格を目指されているということは、金銭面での不安もあるからではないでしょうか。

社労士の通信講座では、受講料が安く、内容が充実しているモノもあります。

2022hiyorank
とにかく安いコスパ最強の社労士講座を徹底比較しおすすめか解説!社会保険労務士(社労士)の通信講座をコストパフォーマンス目線で比較して、紹介しています。 内容も費用も納得の通信講座はどれでしょうか?...

コストパフォーマンスの良い通信講座を選ぶ際のポイントですが、

①教材や講義の分かりやすさ

②サポート体制の充実度

になるかと思います。

また、講座の受講期間や料金、教材の内容や品質を比較検討し、自分の学習スタイルや予算に合った講座を選ぶことも重要です。

口コミや評判、過去の合格実績なども参考にして、自分に適した通信講座を見つけられるよう努めましょう。

講義の無料体験や資料請求を利用して、実際に講座の内容を確認することもできるので、おすすめです。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

おすすめの社労士通信講座

当サイトがおすすめしたい社労士の通信講座は、

「フォーサイト」
「アガルート」
「ユーキャン」

です。それぞれ、教材の質や合格率が高く、受講生に高い評価を受けているのも特徴です。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座

具体的に言うと、フォーサイト社労士講座は、テキストや講義動画の内容が充実しており、効率的な学習をサポートしています。

またアガルートでは過去問に対する対策が特徴で、アガルートで対策すれば、

ひの

やばい!この問題勉強していない。

という状況を回避できます。

また、ユーキャンは初学者向けに作られているので安心して学べます。

ぜひ、ご自身にあった通信講座を見つけて、働きながら社労士試験に合格しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

社労士を独学で合格するまでの道のりは、とても難易度が高いです。

自己管理と効率的な学習が鍵です。自分に合った勉強法を見つけだし、過去問を解きながら自分の弱点を把握することが重要となります。

また、合格に向けた学習スケジュールの作成と適切な休憩も大切です。十分な睡眠や適度な運動を取り入れることで、健康を保ちながら学習に集中できます。

その他、社労士の受験生との情報交換や疑問点の共有をすることで、効率的な学習が可能になります。

社労士試験は独学で合格するのに大変ですが、適切な学習方法や情報収集を行えば、無事に合格できるでしょう。

もし、今回解説した内容が難しいと感じたら、通信講座の活用もご検討くださいね。独学で既に知識はついておられるので通信講座で合格へと近づけること間違いないでしょう。

・驚異の社労士本試験カバー率!    →  アガルートの社会保険労務士講座

・社労士初学者向け優しいテキスト → ユーキャンの社会保険労務士講座

・社労士合格実績、人気ナンバーワン → フォーサイトの社会保険労務士講座